LPC3T18Mの基本情報や対応モデルについて

LPC3T18MはエプソンのETカートリッジの一つで、マゼンダカラーのMサイズになります。

マゼンダと言う色の識別は、カートリッジに記載されている最後の文字列の「M」の文字で判別する事が出来るようになっており、LPC3T18M以外にも、最後の文字列が「Y」のイエロー、「C」のシアン、「K」の黒の4種類が用意されています。



最近はリサイクルトナーを利用する人も増えていますが、リサイクルトナーは純正品よりも値段が安いなどの理由から利用者が増えています。但し、リサイクルトナーはトラブルが起きた場合の修理費用が純正トナーを利用している時よりも高くなるケースが多いので、信頼出来る会社を利用して購入する事が大切です。


LPC3T18Mは4色のトナーカートリッジのマゼンダになりますが、LPC3T18Mは単品で購入する事も可能ですし、4色1セットになっているものを購入する事も可能です。

4色タイプのプリンターは、1つの色が無くなる事で印字する事が出来なくなるため、頻繁に利用する事が多い場合は、予備を購入しておくのがお勧めで、色の使い方次第ではLPC3T18Mのマゼンダが一番多く利用すると言う場合には単品で用意しておくのが良いでしょう。



因みに、LPC3T18シリーズの印刷可能枚数は、A4サイズ印刷時、ブラックは5、500枚、シアン、イエロー、マゼンダの各色は6、500枚になります。



対象となるプリンターは、LP-S7100シリーズやLP-S8100シリーズ、LP-S7100シリーズにはLP-S7100を初め、LP-S7100R/RZ/Zなどがあり、LP-S8100シリーズにはLP-S8100やLP-S8100PS等のモデルに適用します。

科学について情報

RICOのSP6420は置き場所に困らないコンパクトなA3モノクロレーザープリンターです。その秘密は、高精細な1、200dpiLEDヘッドを採用したことで「LEDヘッド」と「感光ドラム」の距離を縮めることができたのと、用紙の搬送経路の改善にあります。...

more

ためになる科学

RICOHのSP6450は6400シリーズのラインナップ機として位置づけられた一台でA3対応のモノクロプリンターです。SP6450の大きな特徴として排紙部に仕分け機構を設けられ出力文書の取り間違いを防ぐことが出来るようになっています。...

more

最新情報

LP-S8100は2011年2月にエプソンから販売したビジネス用のインクジェット・ページプリンターです。LP-S8100は旧製品となっているため2016年現在では一部販売が終了している場合がある製品です。...

more

意外な真実

LPC3T18Kに対する注目はとても高くて、様々なビジネスでLPC3T18Kは活用されています。リサイクル品は価格的にとてもお得で、その使用でビジネス上のコストを抑えることが可能となります。...

more