エプソンのカラープリンター「LP-S8100」

LP-S8100は2011年2月にエプソンから販売したビジネス用のインクジェット・ページプリンターです。

LP-S8100は旧製品となっているため2016年現在では一部販売が終了している場合がある製品です。



LP-S8100の修理対応期限は2021年9月30日となっていますのであらかじめ購入する場合などには確認しておくことをおすすめします。


ドライバーはエプソンのホームページからダウンロードする事ができるので最新のものを適応させておきましょう。
OSはWindowsのほかMacにも対応しています。


LP-S8100は有線LANに対応したネットワーク対応モデルです。ランニングコストはカラーの場合で約11.9円、モノクロの場合で約2.8円となっています。



印刷スピードはカラー・モノクロ共に毎分30枚で自動両面印刷を標準装備しています。

用紙サイズはハガキサイズのものからA3サイズまで対応しているので幅広いシーンに対応できるプリンターと言えるでしょう。

製品寿命といわれる耐久性はA4サイズのものの場合で60万ページまたは5年という結果が出ていますが使用環境によっては変化するので注意が必要です。
ディープスリープモードを搭載した低消費電力モデルです。


ウォームアップ時間はモードによって異なり通常の場合では15秒以内、節電復帰時は12秒以内、ディープスリープ復帰時は22秒以内となっていますので状況に合わせて使用する事が大切です。

ロケットニュース24